TOP.png
Igo.png
cost.png
toiawase.png

こんなお悩みありませんか?

01.png
2.JPG
3.JPG
4.JPG
5.JPG
6.JPG
インビザ.jpg
mausupi-su2.png
taisyou.png

前歯に限定

インビザラインGoは前から5番目までの歯に限定した矯正。すでに奥歯が咬みあっていれば奥歯を動かす必要がない分、期間が短く費用も抑えた治療が可能です。

mausupisu.png

​目立たない

この写真は当院スタッフがインビザラインGoで前歯の矯正治療中の写真です。
​どうですか?マウスピースをしていることが非常にわかりにくいので、目立ちません。

 

ouch.png

​痛みが少ない

​歯を動かすためには当然力がかかります。しかしマウスピース矯正は歯を包み込みながら力を加えるので、痛みというよりは「歯に力がかかっている」という違和感と捉える方も多いようです。

simyu.JPG

ゴールが見える

​治療後にどんな歯並びになっているのか?気になりますよね。
​インビザラインGoなら、簡易的なシミュレーションならすぐその場で。どのような動きをするのかも踏まえた治療計画シミュレーションも治療開始前に確認が可能です。

メリット2.png
めり1.JPG
めり2.JPG
メリ3.JPG

透明で目立ちにくい

取り外しができる

通院回数が少ない

薄くて透明なマウスピースでできているため、装置を装着していても周りからほとんど気づかれません。最後まで誰にも気づかれずに治療が終了した​!というお声もあったほどです。

食事や歯磨きの際には取り外すことができるので、食事の制限もなく、通常の矯正治療と比較して

​むし歯や歯周病にもなりにくいと言われています。

歯の動きに応じてマウスピースを交換していくため、​頻繁に医院にくる必要はありません。

meir5.JPG
meri6.JPG
meri4.JPG

痛みや違和感が少ない

金属アレルギーがない

​期間が短い

一般的なワイヤーを使った矯正と比べると、

​点で歯を動かすのではなく、面で動かすことになるので、痛みは少ないと言われています。

​一切の金属を使わないため、金属アレルギーのある方も安心して治療をお受けいただけます。

一般的な矯正が2年~5年程度かかるのに対して、

​インビザラインの前歯矯正は3ヶ月~6ヶ月程度と短い期間で効果を出すことが可能です。

clin.png
clin.png
clin.png
clin.png
itero2.png

注意点・リスクについて

注意点、リスク・副作用

  • ・治療初期には痛みや不快感が現れる場合がありますが1週間前後で慣れますのでご安心ください。

  • ・歯の動き方には個人差があるため、予想された治療期間より延長する場合があります。

  • ・装置の使用状況や定期的な通院など、患者さんの協力度で治療の結果や期間に影響します。

  • ・歯を動かすことで歯根が吸収して短くなったり、歯肉が下がることがあります。

  • ・稀に歯が骨と癒着していて歯が動かなくなったり、歯の神経が障害を受けることがあります。

  • ・治療中に「顎が痛い、口が開けにくい、顎関節で音が鳴る」などといった顎関節症状が出ることがあります。

  • ・状況によって、当初予定した治療計画を変更する場合があります。

  • ・装置が外れた後に、保定装置を使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。

  • ・装置が外れた後に、現在の噛み合わせに合わせるために、古い補綴物や修復物などをやり直す可能性があります。

  • ・顎の成長発育によって、噛み合わせや歯並びが変化する可能性があります。

  • ・親知らずの影響や加齢などによって、凸凹が生じる可能性があります。その場合、再治療が必要になる場合があります。

  • ・矯正治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。

hikaku.png
nagare.png
1.jpg

01.初診相談とスキャン

インビザラインについての説明をお受けいただき、診察チェアへ移動して口の中をスキャンします。歯並びだけでなく、むし歯の有無も併せてチェックが可能です。

4.jpg

04.矯正スタート

計画決定から2週間ほどでマウスピースが完成します。1日のうち20~22時間は装着し、食事や歯磨きの際には外し、それ以外の時間は装着するようにしてください。

2.jpg

02.シミュレーション確認

虫歯など口腔内の状況と、簡易シミュレーションを用いた矯正後の歯並びについて、3Dの画像を見ながら説明を行います。矯正前後の変化を立体的な画像で見比べられるので、具体的にイメージが持ちやすいと好評です。

5.jpg

05.定期チェック

1回の受診で4枚のマウスピースをお渡しします。週1回の間隔でマウスピースを交換していきます。次の装置が入らなかったり不具合があれば、医院までご連絡下さい。マウスピース型装置は標準で12枚なので、最短3ヵ月、通常は6ヵ月程度で終了。その後は歯並びが戻らないように、リテーナーという装置にて保定を行います。

3.jpg

03.診断

矯正することを決めたら、再度受診して、顔や歯並びの写真撮影や、必要があればレントゲン撮影などの詳しい検査を行います。そして具体的な診療計画に基づいたスケジュールや画像を一緒に確認します。

intyou.png
インチョウ.png

はじめまして。ひがし歯科医院の院長、東和生と申します。歯並びは見た目の印象を大きく左右するだけでなく、歯ブラシが届きにくい箇所があるとむし歯や歯周病が進行しやすかったり、発音やかみ合わせへの影響、そして何よりも心理的なストレスに繋がります。

インビザラインは全世界で数百万件という膨大な矯正治療のデータに裏付けられた精度の高いシミュレーションにより、矯正治療に明確なゴールを見せる事が出来る、という点が大きな特徴です。

治療後の、みなさまの最高の笑顔に出会える瞬間を楽しみにしております。ご相談や質問はメールでも受け付けておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

clinic.png